PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 入院患者と障がい者に笑顔とコンサートを贈る市民の会 日々是幸日
    shopss (11/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
新県立病院と姫路の医療再編 4
JUGEMテーマ:社会問題
医療と介護の問題に取り組む地域リーダーの会は新県立病院の成功を望んでいます
ここに、皆さんと話し合う場を設けたいと考えています。
 
“新病院整備候補地について(事務局案)”という資料がある。“姫路における県立病院のあり方に関する検討委員会”の事務局からの案です。
 
この資料から当会の考えを述べてみたい。 その2
 
2)整備候補地
   現在の両病院の敷地に加え、地元姫路市から提案のあった3つの候補地を検討した結果、留意事項を付した上で次の整備候補地が最も相応しいとした(5つの候補地の評価については別添参照)。
 ―蟶漾”穎市神屋町(キヤスティ21イベントゾーン(高等教育・研究エリア))
 現況 更地
  • 面積約30,000
 
● 日本の医療は大きく姿を変えようとしている。少子高齢化の進行、医療技術の進歩、医療に対する国民意識の変化、経済環境の変化等、医療をめぐる状況が大きく変わろうとしている中で、平成26年に「医療介護総合確保推進法」が通常国会で成立しています。平成27年4月より、都道府県によって「地域医療構想」が策定されていきます。法律上は平成30年までですが、平成28年半ば頃までの策定が望ましい、とされている。「地域医療構想」は、2025年に向け、病床の機能分化・連携を進めるために、医療機能ごとに2025年の医療需要と病床の必要量を推計し、定めるものとされている。資料1を参照してください。
 
地域医療構想については“地域医療構想をどう策定するか”松田晋哉著(医学書院)が大変参考になります。以下“地域医療構想をどう策定するか”より考察しています。
 地域医療構想の策定の具体的な手順
 Step 1「地域の医療提供体制の現状と目指すべき姿の認識共有」
 Step 2「地域医療構想を実現するための課題の抽出」
 Step 3「具体的な機能分化・連携のあり方についての議論」
 Step 4「地域医療介護総合確保基金を活用した具体的な事業の議論」
 資料2を参照してください。
 
「地域医療構想は2次医療圏単位での策定が原則」と厚生労働省資料にある。
 
 2次医療圏とは、朝日新聞掲載「キーワード」の解説。
2次医療圏
入院ベッドが地域ごとにどれだけ必要かを考慮して、決められる医療の地域圏。手術や救急などの一般的な医療を地域で完結することを目指す。厚生労働省が、医療法にもとづいて、地理的なつながりや交通事情などを考慮して、一定のエリアごとに定める。複数の市町村を一つの単位とし、都道府県内を320程度に分ける。一般的に1次医療圏は市町村、3次医療圏は都道府県全域をさす。
 
 中播磨は西播磨からの患者の流入を考慮すると、広域で連携する2次医療圏であるべきと考えたい。
「目指すべき姿の認識共有」「実現するための課題の抽出」「機能分化・連携のあり方についての議論」「具体的な事業の議論」は両地域の合同で行うことが求められるが、その中心を担うべき姫路での、肝心要の取り組みがない。少なくとも、平成30年に予定されている第七次医療計画に向けての協議会は機能させておかなければならない。
 
 地域医療構想調整会議の検討内容の中心が機能別病床再編であるので、協議会では西・中播磨の病院団体や、基幹病院の参加、多くの病院関係者が参加する分科会も必要です。また在宅ケアの整備が重要な検討項目であるので、介護関係者や市町村関係者、住民代表も検討に加わる必要がある。
 したがって、新県立病院の基本計画には“姫路における県立病院のあり方に関する検討委員会”だけではなく、姫路医療連携推進協議会(以後 協議会)を設立し、姫路の実情を踏まえた提言を県にしていく必要がある。 資料3を参照してほしい。
 
県や大学医学部の強権で決定されることがあってはならない。
 
 医療介護総合確保推進法に基づく兵庫県医療審議会による「現在の稼働病床数」から「国の医療需要計に基づく、2025年に必要な病床数」への見込みはどうなっているのだろうか?必要病床数の見込みは、中播磨の5718から5185へと9.3%減、慢性期病床数は1104から645へと41.6%減となっている。西播磨では2560から2141へと16.4%減、慢性期病床数は737から408へと44.6%減となっている。
中播磨は高齢者人口の伸び率が7.5%と高く慢性期医療をどう提供していくのかという大きな課題がある。西播磨は高齢者人口の伸び率が1.2%と低いのは地域全体が高齢化していくということなので、医療介護の人的資源の確保が大きな課題となる。隣接する地域で地域ニーズの変化や対応策は若干異なりますが、中播磨においても過疎の地域は存在するので、重なりあう部分も少なくはない。
 高齢化が進む中で病床を削減することは地域住民の精神面および経済的負担を増加させる可能性が高くなるので、地域住民の理解を得られるような協議会にする必要がある。
 
 地域医療構想調整会議では「各医療機関の自主的な取組や医療機関相互の協議」によって地域医療構想の医療計画は実現するものとされているが、姫路のおける地域医療構想の本丸となる新県立病院計画には、統合される当事者以外の基幹病院の意見は何処にも入っていない。当事者病院の意見すら入っていない可能性もある。
 姫路の医療構想には、市民の命を守るための責任のある総合的な医療政策を策定させる必要がある。一刻も早く姫路医療連携推進協議会を設立し、地域の実情を踏まえた、国や県との整合性のある計画を立て、県への依存体質を改善することが肝要です。
 
  • 教育・研究機能の拡張性の点について言えば、社会医学系研究室を設けて、地域で求められている医療体制の分析を行う研究機関が欲しい。複雑化する厚生労働省からの資料を解析し、地域のデーターを作成し、戦略を具体的な数字で提示することができる「地域のシンクタンク」としての役割を担ってほしい。
 
以下事務局案は前回の1項目目と内容がほぼ同じであることから、前回と意見が重なるので省略する。
 
【選定の理由】
|翡屠瓠西播磨圈域の医師確保に対する寄与
  周辺に商業施設など利便施設が多く、また新幹線を初め交通の便に優れていることから、医師を初めとする医療従事者を全国から採用しやすい。
∪鞍期間が長期化する要因が少ないこと
  現状が更地状態であるため、新病院整備の迅速な実施が可能であり、現病院の診療制限等も不要である。
十分な面積の確保
  両病院の許可病床(742床(姫路循環器:350床、広畑病院:392床))での整備が余裕を持って行うことが可能である。
ざ軌蕁ΩΦ羌’修粒板ダ
  姫路市が誘致を進める高等教育・研究機関との密接な連携が可能である。
ヂ腟模災害への対応
  他の候補地と同様、兵庫県CGハザードマップ上で災害が想定されている(外堀川氾濫時に0.5m未満の浸水想定区域)が、造成等により、病院への影響を抑えることが可能である。
Ω共交通機関等によるアクセス
  JR在来線、新幹線、山陽電車、バスなど公共交通の結節点である姫路駅に近く、中・西播磨圏域の患者の利便性に優れている。
 
次回に続く






posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 地域リーダーの会 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:41 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kojimataka.jugem.jp/trackback/678
トラックバック