PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 入院患者と障がい者に笑顔とコンサートを贈る市民の会 日々是幸日
    shopss (11/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
迷走日記 11月18日 運動で脳を活性化
JUGEMテーマ:ジョギング
JUGEMテーマ:ダイエット法
JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
 

迷走日記 11月18日 運動で脳を活性化

 

 近所の里山の緩やかな坂をスロージョギングで登ったり下りたりしていると、以前に飼っていたハムスターがゲージの中で輪を回しているのを思い出した。クルクルとハムスターは勢いがよいが、私はダラダラと勢いは無い。

 気になった本を手にとって、まえがきを読んでいると、こんな一文があった。猩稽陬泪Ε垢鳳親阿鬚気擦燭箸海蹇海馬の神経幹細胞が活性化し、新生ニューロンが増加することが判明しました。わかりやすく言えば、運動をすれば、脳のニューロンが若々しくなり、脳の老化防止効果がもたらされる可能性が高い。

 老齢マウスか・・・クルクルと輪を回っているんだろうな。私も老齢なんだろうな。マウスは18ヶ月ほどで老齢になるらしい。57歳は初老といったところなのだろうか。知り合いに会うといつも体調のことを訊ねてくれる。ありがたいと思うのですが、自分の老いについて考えてしまいます。

もう直ぐ60歳になります。論語では耳順(じじゅん)といいます。

『六十にして耳に順う。』[論語為政「六十而耳順」](修養ますます進み、聞く所、理にかなえば何らの障害なく理解しうる意) 60歳の異称。  《広辞苑》

 耳順には遠いような気がします。年を追うごとに怒りっぽくなっているような気もします。前頭葉が収縮して、短気になっているのかも知れない。

 

人間の脳と運動の関係を研究している研究者もたくさんいて、その人たちが発表している科学論文では、運動によって人間の脳の容量が大きくなったというデータも出てきています。

 脳の容量が大きくなるのか・・・?

 

フィジカル・アクティビティ(身体活動)の量を増やせば、それだけでかなりの効果を期待できそうです。具体的にいいますと、少し負荷のかかる早歩き30分週5回、ジョギングや水泳など30分を週2回というのがひとつの目安です。

 ただ、日ごろ運動できていないと思われる方にとっては、これは高い目標かもしれません。そのような方は、15分以上のウォーキングを週3回以上とり入れてみて下さい。本文で述べますが、この運動でアルツハイマー病の発症率を35〜40%抑えられるようです。

 80歳になる母のアルツハイマーのことも心配ですが、自分のアルツハイマーも心配です。最近、特に脳については不安なことが沢山にあります。

 

脳内に生まれた新しいニューロンは、記憶力や学習力を高めるだけではなく、気分の面にも好影響を与えてくれる可能性があります。海馬は、「記憶機能」との関連ばかりが注目されていますが、「感情機能」とも関連が深いというのが現在の考え方です。いくつかの研究によって、海馬の新生ニューロンとうつ病改善の関係も明らかになりつつあります。

 「記憶機能」や「感情機能」や「うつ病改善」にもなるのか・・・読まなければならないですね。

 

上記は“なぜ、歩くと脳は老いにくいのか”久恒辰博著(PHPサイエンスワールド新書)のまえがきから気になったところを抜粋したものです。

 私は書店で本を選ぶときは、前書きを読んで目次を見て、時間があればあとがきも参考にして買います。

 

 強い興味をそそられたので、一気に読みました。私のような高血糖、高血圧のような人には必読のようです。

・・・・・

75p〜

・・・認知症のリスク因子として遺伝要因の他に、メタボ(メタボリックシンドローム。内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか二つ以上をあわせもった状態)などの生活習慣的なものもあります。糖尿病の人、高脂血症の人は認知症になりやすいとされていますし、一般的に言えば、血圧の高い人のほうが血管が詰まりやすいですから、脳の認知機能に障害が出るリスクが高くなります。

 生活習慣の改善は、70代、80代になってから始めるものではなく、やはり、若いうちから始めておきたいものです。実際、若いときの運動習慣によって、年をとっても認知症になりにくかったことを示す疫学データも得られています。

・・・・・

 そうか・・・今からでも間に合いそうな気がします。頑張ろう!

 

どれぐらい頑張ればよいのでしょうか、あとがきにまとめられているものを簡単に紹介します。

・・・・・

○日ごろあまり運動できていないと思われている方。

15分以上のウォーキングを週に3回以上取り入れてみて下さい。

 

○それなりに運動できていると思われている方。

 一日30分のブリスク・ウオーキングを週5回、それに週2回程度、30分ほど強めの運動(ジョギングや水泳、ハイキング、サイクリング、エアロビクスなど)をされてみて下さい。

 

○運動に自信があり、健康に対する最大限の効果を得られたい方。

「週に23エクササイズ」を、目安にして下さい。

週に23エクササイズを達成するためには、例えば

 ブリスク・ウォーキング45分を週に5回(4メッツ×0.75時間=3エクササイズ、3エクササイズ×5回=15エクササイズ)に加え、軽いジョギング、テニス、サッカーなど6メッツのスポーツを80分以上(6メッツ×3/4時間=8エクササイズ)、必要となります。

・・・・・

 

 運動によって脳を活性化させたいと思われる方は是非に本書を読んで運動の計画を立ててみて下さい。地中海ダイエットやソーシャル・エンゲージメントも大いに参考になります。

 私は週に5日は3時間のスロージョギングをしているので十分なようです。

 

写真は大河ドラマのオープニングで知られる、兵庫県佐用町[飛龍の滝]。写真1は飛龍の滝入口の小滝です。写真2は飛龍の滝の最下段。写真3はあひる隊長が撮ったものです。

飛龍の滝の写真はこれで終わります。

 







posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 迷走日記 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:26 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kojimataka.jugem.jp/trackback/647
トラックバック