PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 入院患者と障がい者に笑顔とコンサートを贈る市民の会 日々是幸日
    shopss (11/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
原発と復興を考える 44 地域の活力 その1
JUGEMテーマ:大地震
 

44 原子力問題と復興への提言

 被災による貧困と子どもの問題「地域の活力 その1」

 

 昨日に東京へ行ってきました。フラガールを姫路の祭りにお招きをしたい、ということでお城祭りと良さ恋まつりと青年会議所のイベントの資料を持って、東日本橋にある常盤興産株式会社・スパリゾートハワイアンズの営業部を訪ねてきました。

 担当者はIさんで、30代半ばぐらいの色黒の爽やかな好印象の青年でした。

名刺には、営業部 海外グループとあり、バルネオセラピスト(温泉保養士)とも書かれていました。

バルネオセラピスト(温泉保養士)とは?

いわき湯本温泉旅館協同組合とスパリゾートハワイアンズが共同で運営しているページを見るとこう紹介されていました。

・・・・・

温泉療法を活用した健康づくりのエキスパート
温泉保養士とは?
【日本温泉保養士協会の役割】
温泉(温泉地)の利用者と提供者、そして温泉地の住民が共に温泉を深く理解した
温泉地づくりを目指します。

 

温泉保養士協会マークの意味
【湯気3本】
 昭和23年に温泉法が制定されたときに作られた温泉マークで
 温泉の正しい入り方を表したものです。
 (反復入浴法)
 ほどほど(5分) じっくり(8分) さっと(3分)
 湯気の長さでこれを表しています。
【3人の意味】
 自然からの贈り物である温泉を利用させてもらい、
 本来の温泉の利活用を実現するには
 ()温泉事業にたずさわっている方 (温泉事業者)
 ()温泉を利用する方 (温泉利用客)
 ()温泉地に住んでいる方 (温泉地の住民)
 ()()の三者が温泉と温泉地の資源をしっかり理解することがかかせません。

「バルネオ」とは、どんな意味ですか?

バルネオ(Balneo)とは、温泉という意味で、温泉療法を英語でBalneo therapy、ドイツ語でBalneo therapieといいます。

 

バルネオセラピスト(温泉保養士)とは、どのような方ですか?

バルネオセラピスト(温泉保養士)とは、温泉医学、予防医学に基づき、温泉の持つ保健的機能を引き出す知識、技術を習得し、温泉療法を活用した健康づくりを安全かつ適切にアドバイスできる人材のことです。
具体的には、「温泉の利・活用の仕方」と「温泉地の健康的な過ごし方」を提案できる人材ということになります。

・・・・・

以下、

バルネオセラピスト(温泉保養士)の資格を取得するにはどのようにすればいいのですか?

どのような方が資格を取得されているのですか?

資格を取得された方は、どのような感想を持っていますか?

いつ講習会はありますか?

日本温泉保養士協会は、どのような組織ですか?

 

と続いていきますので、御覧になってみてください。

温泉保養士協会マークもページに掲載されています。

 

私の母は75歳になります。昨年に階段から落ちて腰の骨を折って、腰痛持ちなので、このような温泉保養士のいる温泉で、ゆっくりと保養をさせてやりたいな、と思います。

 

Iさんと話した内容には、私が阪神大震災でのボランティアで感じたことも少しお話をさせていただきました。

 

「マスメディアで伝えられることは復興に成功した方々のお話で、復興から零れ落ちた方々の話は殆ど紹介されていない。私が現場で見てきたものは、復興格差でした。インフラ整備は積極的に行われてきましたが、被災者の暮らしを支えるのは不十分だったように思える。そういう状況を見てきて私なりに感じたことは、市民感覚の提案を積極的に行政に出していける、市民の繋がりでしょう。

これから長くなるだろう東日本大震災の復興にも、行政にクレームを言い対立することではなく、提案する・学び行動する市民の繋がりが必要なのではないでしょうか。」

 

 常盤興産株式会社を後にして、「県八重洲観光交流館」を訪ねた。

 

店舗は15坪ほどで、アンテナショップとしてはこれぐらいの大きさが適当に思えた。私は今、70坪の店舗、50坪の店舗、30坪の店舗、25坪の店舗、13坪の店舗の候補の中からどの店舗にしようかと悩んでいましたが、このアンテナショップを見て13坪の店舗が適当ではないだろうか、と思えました。

 置いている商品は、姫路のスーパーでも見かけるものや、インターネットで簡単に手に入るものが殆どで、お土産的なもので、行政や百貨店や大型の店舗でのイベントでは有効だろうが、個人商店としての息の長い商売をする上での商品構成としては、不十分だと感じました。いかにも、観光地へいたる道の駅的で、生活の場へ持っていくには余りにも嗜好品的過ぎるのです。地方の商店街へ持っていくには、その地域に溶け込める「暮らし」を提案できるものが必要だと感じました。

 

 また、私が考えていることは、このような県単位では大きすぎて、総花的な紹介しか出来ないような店舗ではない。

 市町村の、出来れば町村単位の小さな地域と充実した、じっくりとお付き合いをさせていただく店舗を考えています。同一地域で複数店舗を考えるときは、全て違う地域とお付き合いをさせていただきたいと考えているのです。

 

 この日記を書いているときにMSNマネーの次のような記事が目に入った。

・・・・・

天災の後は人災だ 壊れゆく地域社会

相場英雄の時事日想:

 宮城県石巻市に、水浜という小さな集落地がある。この地は津波に飲み込まれ、その後の支援が遅れ地域社会が崩壊してしまった。なぜ被災者は天災だけでなく、“人災”にも遭ってしまったのだろうか。

 514日、筆者は当コラム震災特別ルポとで取り上げた宮城県石巻市雄勝町の水浜という海辺の小さな集落を再訪問した。同地出身の大学院生Aさんから、水浜が重大な岐路に立たされていると知らされたからだ。同地区が直面していたのは、集落の解散という異常事態だった。600年続いた地域社会が壊れたのは、津波による天災が主因だ。しかし生き残った人々は、支援の遅れという本来なら回避できたはずの人災にも遭っていた。

仮設住宅

 5月初旬、Aさんから、水浜地区の高台で仮設住宅の建設が始まったと教えられた。同地区のほとんどの住宅は津波によって流され、土台のみが残る惨状だった。住民の大半は家を失い、不自由な避難所生活、あるいは慣れない周辺地域での仮住まいを強いられていただけに、筆者は仮設住宅の報せを手放しで喜んだ。

 だが、Aさんからは意外な反応が返ってきた。同地区に残りたいと望む住人全てに仮設住宅が用意されていないというのだ。加えて、同地域の自治会組織が解散すると聞かされ、絶句してしまった。

 ルポでも触れたが、同地は津波によって壊滅的な被害を受けたが、先人の教えを守り、いち早く住民が高台に避難。他の沿岸地域と比較して人的な被害は奇跡的に少なかった。

 住民たちが迅速に避難した背景には、家族同然の隣人とのつながり、絆があったからに他ならない。平時でも“陸の孤島”と称される雄勝町だけに、互いに助け合わねば生活ができない。このため、市街地に住む人々とは比べ物にならないほど、住民たちの絆が強いのだ。

・・・・・

興味深い記事が続く。地域崩壊の危機は深刻だ。

被災地だけではなく、地方の田舎は高齢による崩壊寸前となっているところが多い。

このような田舎の原風景が失われていくことを私はとても残念に思っています。

小さな町、村を応援していくことが私の使命のように思えます。 

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 大災害 | 10:26 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:26 | - | - | - | - |