PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 入院患者と障がい者に笑顔とコンサートを贈る市民の会 日々是幸日
    shopss (11/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
原発と復興を考える 8 潜在能力への投資
JUGEMテーマ:大地震
 

8 原子力問題と復興への提言

 被災による貧困と子どもの問題「子どもの潜在能力への投資」

 

 被災による貧困の問題を考え続けています。日本は今まで貧困の問題に関して、真摯に取り組んできたとは言い難い。したがって、被災による貧困もこれから方針を180度転換して、被災者に満足なものとなることは考えられない。しかし、被災地の復興に国民の目が向いている間に、取り組みを纏めることで日本全体の貧困の解決につながらないか、と考えています。

 

 生活保護、母子家庭、自殺、等々と貧困の問題は尽きないように思われるが、少なくとも子どもの貧困は解決していかなければならないのではないだろうか。なぜなら、子どもたちは希望であり、未来であるからです。

 

「子どもの最貧国・日本」山野良一著

光文社新書 2008年9月20日発行

 

244p〜

子どもたちの貧困の社会的なコスト                             

 94年に、Children's Defense Fundでは、ノーベル経済学賞も受賞しているソローを代表として、子どもたちの貧困がアメリカ社会全体へおよぼすコストの計算を試みています。

 その結果は、レポートとしてまとめられていますが、以下のようなことがまず書かれています。

 「子どもが貧困に苦しんでいるとき、当該の子どもだけが被害者なのではない。子どもが貧困を原因とした発達上のさまざまな課題を背負ってしまったら、社会はそのコストを代償しなければならなくなってしまう。企業は、良いスタッフを見つけることができなくなる。消費者は、商品にもっと商い料金を払わなければならなくなる。病院や保険会社は、本来なら予防できたはずの病気を治療しなければならなくなる。学校の先生は、補習や特別教育に時間を費やさなければならなくなる。一般市民は、街頭で危険な思いをするかもしれない。政府は、刑務所の職員をさらに多く雇わなければならなくなる。市長は、ホームレスの人たちにシェルターを提供しなければならなくなる。裁判官は、さらに多くの犯罪や家庭内暴力などの事件を審理しなければならなくなる。税金を払う人は、防げたはずの問題にさらにお金を払わなければならなくなる。消防職員と医療関係者は、貧困の問題がなければ発生しないはずの忌まわしい緊急事態に対応しなければなくなる。葬儀の担当者は、貧困の問題がなければ死なないはずの子どもたちを埋葬しなければならなくなる」

 

245p

ソローたちは計算を試みています。

 結果として、子ども時代に1年間貧困状況にあると、生涯賃金は約1万2000ドル(約 152万円:92年当時)減額すると予想するのです。そこで、国内すべての貧困な子どもたち約1400万人について合計すると、1年間の影響のみで1769億ドル(約22兆円)の減額になるとしています。一定の条件のもとでは、賃金の変化はほぼ生産性の変化と等価で あるという経済学士の仮説に基づけば、この額は子どもたちの貧困がもたらす社会全体の生産性の減額になります。

246p

他方で、ここでは子どもたちの貧困をなくすためのコストについても計算していて、国勢調査からすると、92年当時は、子ども1人あたり、平均2800ドルがあれば貧困ラインを超えることができたとして、合計約400億ドル(約5兆円)があれば、全米の子どもたちを1年間貧困から抜け出させることができると分析します。

 つまり、ソローたちの計算によれば、貧困を終結させるためのコストより、貧困から影響を受けるコストの方が上回っていることになります。こうして、ソローたちは、子どもの貧困を放置することによって、多くのお金を無駄遣いしていると主張するのです。

 

 子どもの貧困対策は、補償というよりも、社会的な投資といった方が良いかも知れない。

 

「反貧困」湯浅誠著

 岩波新書 2008年4月22日発行

74p〜

センの貧困論

 ノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・センという学者がいる。彼は、新しい貧困論を生み出したことで知られている。彼の貧困論は、選択できる自由の問題と深く関わっている。

 センは「貧困はたんに所得の低さというよりも、基本的な潜在能力が奪われた状態と見られなければならない」と主張する(『自由と経済開発』石塚雅彦訳、日本経済新聞社、2000年)。それは「所得の低さ以外にも潜在能力に――したがって真の貧困に――影響を与えるものがある(所得は潜在能力を生み出す唯一の手段ではない)」(同上)からだ。また「貧困とは受け入れ可能な最低限の水準に達するのに必要な基本的な潜在能力が欠如した状態として見るべきである」(『不平等の再検討―潜在能力と自由』池本幸生他訳、岩波書店、1999年)とも述べている(以下、この二著から引用する)。

 潜在能力(capability)とはセン独自の概念である。それは「十分に栄養をとる」「衣料や住居が満たされている」という生活状態(これをセンは「機能」と言う)に達するための個人的・社会的自由を指している。

 

 貧困とは基本的な潜在能力が奪われた状態だとすれば、

 子どもの貧困とは、子どもの潜在能力が奪われた状態だと、いうことですね。

 

 76p

こうも述べている。

 「潜在能力の欠如は、世界におけるもっとも富裕な国々においても驚くほど広く見られる。(中略)たいそう繁栄したニューヨーク市のハーレム地区の人が四〇歳以上まで生きる可能性は、バングラディッシュの男性よりも低い。これは、ハーレムの住人の所得がバングラディッシュ人の平均的な所得よりも低いからではない。この現象は、保健サービスに関する諸問題、行き届かない医療、都市犯罪の蔓延など、ハーレムに住む人々の基礎的な潜在能力に影響を与えているその他の要因と深く関連している」

 ニューヨークのハーレム地区住人の所得がバングラディッシュ人の平均所得を上回っていることは、日本のホームレスの人たちの所得がアフリカの最貧国の平均所得を上回っていることと同様に、疑いの余地がない。国連が「絶対的貧困」だという一日一ドル以上の所得を得ているホームレスの人は、少なからずいるだろう。しかしそれは、貧困ではない、ということを意味しない。なぜ.なら、そこには生活上の望ましい状態(機能)を達成する自由(潜在能力)が欠けているからだ。

 

 貧困とは、国連がいう「絶対的貧困」ということではないということですね。

77p〜

それゆえ「開発/発達(development)」とは、単に所得を上げるだけでなく、望ましいさまざまな生活状態(機能)に近づくための自由度(潜在能力)を上げていくことだ、とセンは言う。「開発/発達とは、人々が享受するさまざまの本質的自由を増大させるプロセスである」「開発/発達の目的は不自由の主要な原因を取り除くことだ。貧困と圧政、経済的機会の乏しさと制度に由来する社会的窮乏、公的な施設の欠如、抑圧的国家の不寛容あるいは過剰行為などである」と。

 

 ということは、子どもの貧困を解決するための投資は「子どもの自由度(潜在能力)を上げていく」投資でなければならないのですね。

 湯浅はセンの「潜在能力」に相当する概念を“溜め”といっている。

78p〜

“溜め”とは、溜池の「溜め」である。大きな溜池を持っている地域は、多少雨が少なくても慌てることない。その水は田畑を潤し、作物を育てることができる。遂に溜池が小さければ、少々日照りが続くだけで田畑が干上がり、深刻なダメージを受ける。このように“溜め”は、外界からの衝撃を吸収してくれるクッション(緩衝材)の役割を果たすとともに、そこからエネルギーを汲み出す諸力の源泉となる。

“溜め”の機能は、さまざまなものに備わっている。たとえば、お金だ。十分なお金(貯金)をもっている人は、たとえ失業しても、その日から食べるに困ることはない。当面の間そのお金を使って生活できるし、同時に求職活動費用ともなる。落ち着いて、積極的に次の仕事を探すことができる。このとき貯金は“溜め”の機能を持っている、と言える。

 しかし、わざわざ抽象的な概念を使うのは、それが金銭に限定されないからだ。有形・無形のさまざまなものが“溜め”の機能を有している。傾れる家族・親族・友人がいるというのは、人間関係の。“溜め”である。また、自分に自信がある、何かをできると思える、自分を大切にできるというのは、精神的な“溜め”である。

 

 貧困とは“溜め”が総合的に失われ、奪われている状態であるのですね。

 社会的な“溜め”の機能を、子どもたちに備えていく必要を感じています。

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 大災害 | 09:34 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:34 | - | - | - | - |