PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 入院患者と障がい者に笑顔とコンサートを贈る市民の会 日々是幸日
    shopss (11/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
迷走日記 10月28日 丑三つ時の迷走
JUGEMテーマ:お出かけ
JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!
JUGEMテーマ:ジョギング
 

迷走日記 10月28日 丑三つ時の迷走

 

 過酷な登山や長い日数をかけた冒険に挑戦したことのある人には不思議な経験をしたことのある方が多い。1週間以上にわたる厳冬期の単独行をしたことのある人は必ず不思議な体験談があります。その不思議な体験で信仰深くなる登山家も少なくは無い。雪山を縦走する単独行はギリギリに荷物を絞っています。食料も切り詰められている。

 不思議な体験の原因の多くは脳の栄養不足であることが多い。幻覚・妄想・錯覚は明らかな脳の栄養不足です。遭難の原因にもなります。糖質中心の食料はパーティーの仲間割れの原因になることも多い。経験的に、各種栄養素の配合されたプロテインを摂ると、登山の成功率は高まります。

 

 昔の剣豪伝を読んでいると、剣豪が決闘に挑む前に山へ籠る話があります。草や木の根や虫を食べながら山に籠る。現れた魑魅魍魎を斬って、斬って、斬りまくる。そして自分が鬼となって、相手に向うというのです。人間の脳ではなくして、相手を切り殺す迷いを断ち切る。そんな剣士と立ち合う相手は怖いですよね。

 

“大峯千日回峰行 修験道の荒行”(春秋社)で塩沼亮潤大阿闍梨は不思議な体験を語られています。粗末な食事で、死と背中合わせの回峰行はいかに過酷だったのかがわかる体験談です。回峰は深夜の零時半から始まります。一日15時間の山行です。

 闇の中に巨大な猪が出てきたり、餓鬼が現れたり、落ち武者に遭遇したり、山に入った人間を弾き返そうとするような魔力を経験されています。

・・・・・

86p

・・・台の上に座ってご飯を食べていたのですけれども、白い煙に包まれたような感じになりまして、急に睡魔が襲ってきて、ガーンと台の上に打ちつけられるようになりまして、そうしたら、手が下からぐーっと出てきました。

 びっくりして見たら、鎧の甲冑のような、手甲のようなもので、私の両腕をこうつかんでいるんですね。金縛りになりまして、どうしようもない。般若心経を唱えてもだめだということで、二十三歳ですので、まだ怖いですね、これはどうしようもないとあきらめたところ、首のほうに手が回ってきたので、このままではやられると思って思いっきり力を振りしぼって払いのけたら、すーっとその手が消えていきました。そんな怖い経験も最初のころはしました。

87p

・・・岩場があって、松の本があって座るのに具合がいい。手の届くところに二股に分かれた木があって、そこに杖をかけて提灯をかけるといい明かりになって、そこでご飯を食べるのに時間的にもちょうどいいというところがあったんです。

 ところが、午前三時頃ですが、無風状態のときに、うごくはずのない提灯がこうやって揺れるんですね。

・・・・・

 似たような体験をされた方は多い。私は自分が透明人間になって見えなくなっていることに焦ったことがあります。誰もいないところで話しかけられることも多かった。人間の脳は不思議なものです。

 塩沼大阿闍梨はそんな恐怖体験にこう考えられました。

・・・・・

86p

・・・全部そういうのも、仏さまがこれでもどうだ、これでもどうだと試しているようですね。いま思えば、そういうのはみんな、仏さまが私を成長させるためにくれたプレゼントだと思います。

・・・・・

 そんな風に考えられたのですね。そして、

・・・・・

84p

・・・何百日と重ねていく間に、そういう怖い思いもしなくなりました。

 すると今度は、きれいな仏様が浮かんでいたり、金剛石のような石がザックザックとたくさんあって、五メートル四方ぐらいのきれいな石の固まりがあったんです。そこを天女が二人、舞っていて、袋に詰めて少し分けてくれたんです。

 ずっと天上に続くきれいな道があったんですけれども、これからの道ですと言われて。まだまだ修行は続くという思いがしまして、それ以来、怖いものは見なくなりましたね。

・・・・・

 同じ幻覚・妄想・錯覚を見るのなら天女がいいのに決まっていますよね。信仰というのはどんな恐怖体験も超えていくものなのですね。

 しかし、脳の栄養不足だけで説明できないことも山には多い。多くの登山家はそのことも知っています。山をよく知る者は塩沼大阿闍梨が言われていることはよく分かる。洋の東西を問わず、登山記録には似た話が沢山に出てきます。

 静かな山小屋で初めて会った方には、その日の夜を一緒に過ごすということもあり、親しくなっておこうと思います。そんな時は円空や棟方志功の話を持ちかけます。直ぐに旧友のように打解けることが多い。登山家には素朴な信仰を持った方が多い。ご来光に心が洗われるのも、そんな1コマです。

 

一人で真夜中に山を走るのは怖くないのか?と聞かれることがよくあります。「魑魅魍魎が友達です。友達が少ないもので・・・」と答えています。(笑)

 

写真は 姫路置塩 城山の木の表情2です。

 







posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
迷走日記 10月27日 菜根譚野球
JUGEMテーマ:お出かけ
JUGEMテーマ:山登りを楽しもう!
JUGEMテーマ:ジョギング

迷走日記 10月27日 野村、川上の『菜根譚野球』

 

ワールドシリーズも日本シリーズも盛り上がっているようです。ジャイアンツファンは残念だけれどもアメリカのジャイアンツを応援したらどうだろう。今朝はロビン・ウイリアムズさんの息子さんが始球式に出られていた。ロビン・ウイリアムズさんの演技は心の問題を扱った役どころで光っていたようにおもえます。彼の死は末期癌とうつ病の関係を改めて考えさせることにもなりました。大スクリーンに映った彼の笑顔が映画の様々なシーンを思い起こさせて、心に痛かった。ロイヤルズの青木が先発を外れたことを知り、まだ雷注意報は出ていましたが雨も止んだようなので、試合を見ずに走りに出かけました。

 

昨夜の日本シリーズを観ているときに解説の金本さんが2番上本のバッティングについてボールに対して身体の開くのが早いというコメントがありました。前の試合から向ってくるボールに対して手の反応がいつもより早い、グリップに力の入るタイミングがコンマ数秒早すぎることを視ていました。来たボールを素直に打ち返すときにはもっと柔らかくタメがあります。打ちたい気持がそうさせているのでしょう。阪神は1・2番が出塁するときは打線が爆発するときなので、昨日は上手く押さえ込まれたとも言える試合でした。

 

私はプロ野球ニュースに出たことがあります。選手としてではありません。当時大阪の難波球場の近くに住んでいたので、南海ホークスの試合は時々観にいっていました。球場の外野は回も進むと係員もいなくなり、チケットが無くても自由に出入りが出来ました。     

秋の晴天、風も気持ちよく、消化試合なので観客はガラガラでした。寝っ転がって、ウトウトと昼寝をしてしまいました。すると其処へ門田選手のホームランボールが腹へ直撃しました。事態がよく飲み込めずにいると、子どもがボールを拾いにきたのでなんとなく状況が分かりました。その日の夜、私は全国に笑いを提供していたのです。

 

野球はプレーするのも好きです。南海ホークスの伝説の人、野村克也さんの解説はいつもなるほどと思って熱心に聞いていました。気になる人です。野村克也さんは“野村克也の「菜根譚」”(宝島社)という書を著わしておられます。野村ID野球と言われていましたが、書を読んでみると実は『野村菜根譚野球』だったように思えます。本書24p〜25pにこのような野村さんの解説があります。

・・・・・

006

自分を磨いて得た幸福は

その後長く自分のものになる

   [前集74]

原文・・・

読み下し文・・・

 

野村の解釈

 私はキャッチャーをよく叱ったが、それは「1球の根拠」を問うものが多かった。直球かカーブかスライダーかフォークか、内角か外角か、ストライクを稼ぐのかボールで誘うのか……。その1球をどんな根拠をもって選択したのかを問い、間違っていれば叱るようにしていた。

 叱っていて、最も嫌いなことは、叱ったキャッチャーから返事がないことだ。1球の根拠を自分なりに考えて話せば、返答が間違っていた場合に矯正すべき欠点を見つけることもできる。

 キャッチャーは大変である。味方の投手を信じ、相手の打者を疑い、前の日から苦労して準備し、喜ぶのは勝った直後の一瞬だけ。しかし苦しみぬいて勝利した経験は、必ず最後に自分の果実としてはね返ってくる。

・・・・・

 この後に苦労人である野村さんの渋い言葉が続きます。菜根譚には「大事において些細なことを疎かにするな、確固とした信念を保持して小さなことに当たっても疎かにせず、大敵に対するかのように対処するように」という教えもあります。

 ストライクゾーンを9分割して解説するノムラスコープも菜根譚の教えからのように思えます。

 

 巨人を9連覇に導いた川上哲治さんも菜根譚を愛読されていたようです。

“明日が変る 座右の言葉全書”話題の達人倶楽部編(青春出版社)より

・・・・・111p

スランプというのは、好調なときにその原因が作ら

れている。だから、好調なときが一番心配です

―――川上哲治(元巨人軍監督)

・・・・・

この言葉も菜根譚や言志四録から学んだものと思われます。

 

 本書を読むと、ヤクルトの監督やキャッチャーを務めた古田敦也さんは『野村菜根譚野球』の後継者ではなかったようです。

 野村菜根譚野球の真骨頂。92年ヤクルトは西武に負けて日本一にはなれなかったが、93年には・・・

・・・・・

97p

悔しさを忘れず、ごく小さなワンプレーもおろそかにしないために。

小さなことにも手を抜くな。

誰も見ていなくても陰で欺くようなことはするな。

失意のどん底でも投げやりになるな。

この三つができる者が、真の英雄である。

この年、ヤクルトは西武に雪辱を果たして日本一になることができた。

・・・・・

 

「苦しんだり楽しんだりしながら自分を磨き、その結果得られた幸福は、その後長く自分のものになる。」25p

 野村克也さんの言葉を、走りながら心の奥に沁みこませました。

 

写真は 姫路置塩 城山の木の表情です。









 
posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
迷走日記 10月1日 心とは何?
JUGEMテーマ:ジョギング

迷走日記 10月1日 心とは何?

 

 心とは何か?大切なことは簡潔に話すのが良いでしょう。心とは人間本来が持っている音楽にきわめて近い感性です。

リズムは心臓の鼓動や呼吸です。心臓や呼吸が持つ律動を基本にして、心の躍動感になります。身体的な感性の基にもなっています。

メロディーは環境への適応です。人間は他の動物に比べて寒いところから暑いところまで、暮らしている範囲が広い。その気候や場所に適応していけるように、その場その時節に主旋律を置いて暮らしています。

ハーモニーとはバランス感覚です。思考と身体感覚がバラバラになったりすると不快なものです。人間は類的な生き物なので社会性というバランス感覚もあります。

 

身体の音楽は実際の音楽と違って、音が出ません。これを禅の言葉で言うと没絃琴(もつげんきん)という言葉になります。絃の無い琴です。「百千万語を費やしても説きえない禅の妙旨を、象徴的に簡潔に提示することを、没絃琴を弾ずるといい、そこにこめられた妙旨を没絃琴の調べというのである」(芳賀幸四郎著 新版 禅語の茶掛 上巻)

身体の音楽は脳だけで作り出すことが出来ません。禅では先ず、原初的な身体感覚を取り戻すことが、心の音楽を健やかなものにすると考えます。

・・・・・

“息身佛 ただ、息をする。ただ、生きる”板橋興宗著(角川SSC新書)

127p〜128p

 なぜ、坐禅をするのか。これも、頭を空っぽにするためです。坐禅をすることは、大自然と一つに息づいていることです。

 自分の息づかいに親しみ、無心に坐禅をすることを道元禅師は「只管打坐」と言いました。音読みをすると「しかん」ですが、その文字の意味は「ただ」「ひたすら」です。

 ひたすら坐るとは、ただあたりまえに坐っていること。ひたすら息をするとは、ただあたりまえに息をしていることです。何事であれ、一つのことにひたすら専念することは、人生の極意である「ただ」に通じるのですね。

 しかし、ここで言う「ただ」は、ただボンヤリしているとか、ただ遊んでいる「ただ」とは違いますよ。何の構えもない、ごくあたりまえの、風鈴のような状態です。大自然と響きを共にしている生き方です。

・・・・・

「大自然と響きを共にしている生き方」

大自然のリズムやメロディーやハーモニーと響きあうことで、心の奥底から湧いてくる人間の音楽を知ることになるのです。

 

野呂昶(のろ さかん)という方が“良寛詩抄 無絃の琴”(すずき出版)を編著されています。良寛詩の根幹を「無絃の琴」というタイトルで表されている。私の知る限りにおいて、良寛詩を最も理解されている方ならではだと思います。

その冒頭に紹介されているのが、この詩です。

・・・・・12p〜13p

静夜草庵裏  静夜 草庵の裏(うち)

独奏没絃琴  独り奏す 没絃(もつげん)の琴

調入風雪絶  調べは 風雲に入りて絶え

声和流水深  声は 流水に和して深し

洋々盈渓谷  洋々 渓谷に盈(み)ち

颯々度山林  颯々(さつさつ) 山林を度(わた)る

白非耳聾炭  耳聾(じろう)の漢(かん)にあらざるよりは

誰聞希声音  たれか聞かん 希声(きせい)の音

 

【現代語訳】 静夜、草庵にあって、ひとり無絃の琴を弾いている。その調べは、天空高く風雲にまでとどき、その音は、流水に調和して深く、渓谷に満ち山林を渡る。なんと微妙な琴の調べ、これを聞けるのは、無音の世界に住む聾の人よりほかない。

【語句注】 没絃琴・・・絃のない琴、空想上の琴である。不立文字(ふりゅうもんじ)を示す禅話でもある。

【詩の風韻】 無紋の琴のかなでる音は、自由自在どんな音楽にでもなり、またどんなに遠くまでも届く、限界というものがない。良寛の心境を暗示している。

・・・・・

良寛の詩や書が面白いのは、音楽的だからです。音楽的なリズムやメロディーやハーモニーを感じさせます。

 ハーバード・リードは「全ての芸術は、音楽の状態に憧れている」と言っていますが、言い換えれば「全ての芸術は、人間本来が持っている音楽にきわめて近い感性で創られている」ということになります。

 

「没絃琴の無声の霊響」が悟りだということになります。

私は歩いたり、走ったりしながら、無限の琴を奏でたいと思っています。

 

写真は雪彦山の木の表情です。












 
posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タコの刺身3品 7月10日
JUGEMテーマ:グルメ
 

タコの刺身3品 7月10日

 

林真理子著の『白蓮れんれん』を読み終わって、しみじみと、朝ドラの白蓮の年下の恋人の印象と、小説の恋人との印象に、あまりにも大きな違いがあることを思った。青年は大陸浪人と言われた父の影響もあるのだろう、朝ドラのような幼稚さや下世話な感じは無く、人生を冒険する逞しさや知性の深さも感じる。この小説は保存されていた七百余通の恋文を史料に描かれたものなので、小説から受ける印象のほうが本当の人物像に近いのだろう。朝ドラの中の左翼小児病的な台詞も気になる。脚本家は左翼をバカにしているのだろう。

『和辻哲郎(近代日本哲学の運命)』湯浅泰雄著 ちくま学芸文庫に、「しめやかな激情」100p という言葉があった。

・・・・・

「しめやかな激情」とは、内面にあふれてくる激しい感情が、つよく抑制された形で外に表現されることをいう。(これはいくぶんか、和辻自信のパーソナリティの反映でもある。)このごろの女性はどうか知らないが、日本女性の愛や感情表現の仕方の伝統には、そういうパターンが見出されるといってよいであろう。いわば、心のヴェールにつつまれた肉体的情念の動きともいえる。心と身体はここでは分離して動くことができない。・・・略・・・身体というものは、人間を自然つまり大地と風土に結びつける基盤であるから、人間の生の様式は生ける自然の存在の様式と一体不可分になる。

・・・・・

 白蓮の愛のあり方は「しめやかな激情」なのだろう。愛を糧にして生きることは自然なことのように思える。白蓮にとって愛という心が、人生の迷いの此岸から悟りの彼岸へ渡るための筏であったのだろう。彼女の歌は愛の道を求めるものであたように思われます。

 

写真1は、タコをモロヘイヤの餡であがっていただこうというものです。

 



写真
2は、タコの薄作りです。



 

写真3は、タコの昆布締めを松皮にしたものです。

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イカ料理3品 6月30日
JUGEMテーマ:グルメ
 

イカ料理3品 6月30日

 

昨日の『そこまで言って委員会』は可笑しな番組だった。橋下大阪市長が出ずっぱりで、元気に持論を捲くし立てていた。こういう企画も面白い。

大阪都構想が煮詰まりつつあるので興味深い。私としては是非に住民投票にまでいってほしい。大阪だけではなく日本に大きな権限を持つ都が複数個所あるほうが、地方の競争力も高まる。日本の政治は巨大になりすぎて、急速に変化する時代に適応できなくなっている。そこに発生した無理無駄が国民生活を圧迫することにもなっている。

地方には地方の実情に応じた政治が求められている、中央集権の戦時体制のままでは巨大戦艦日本の沈没も近い。地方はグローバル世界に機動遊撃戦が望ましい。『戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ』(日経ビジネス人文庫)を読んで、考えて見て下さい。

 経済的には道州制も望ましいが、福祉においては500万人規模が住民の満足度も効率も優れていることを福祉政策学が明らかにしています。福祉の充実では都構想も道州制も、その規模が大きすぎるのですが、橋下さんも、現在の道州制論者もその辺の理解が乏しいようです。

 

写真1は、イカソーメンです。たっぷりの生姜が旨い。

 



写真2は、イカを焼いたものと浅漬けのサラダ。




 

写真3は、イカを干して、焼いたものです。

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鱧料理3品 6月28日
JUGEMテーマ:グルメ
 

鱧料理3品 6月28日

 

『春を背負って』という映画を観てきました。山小屋の話です。私は山小屋を利用しませんが、無人小屋の周りの雪を掘ったり、扉や窓の氷を剥したり、小屋の中の氷柱を落としたりして、他の人が利用しやすいように手入れをしていました。元気だったときのことです。

たまに扉や窓を閉め忘れたままにして、小屋に雪が入り込み、その雪が氷って小屋に入れない状態になっていたりすることがありました。ゴミや薪を散らかしていたり、毛布を片付けていなかったりすることもあります。天気の良い日には毛布を干したりもしていましたが、私はテントで過ごします。テントが好きなのです。山の風がボウボウと吹く音をテント越しで聞いているのが好きなのです。厳冬期も一人用のコンパクトなテントで体を休めます。テントを張るのに5分もかかりませんでした。

私のような山が好きな者には、映像に心休まり、物語に泣ける映画でした。細かいところでリアリティに欠けるシーンもありましたが、山に精通している人でも気がつかないかもしれないところなので問題はありません。久し振りに良い映画を観ました。

 

写真1は、鱧を和風トマトソースでお出ししたものです。



 

写真2は、甘辛く煮た肝をバターに絡ませてソースにしてお出ししたものです。

 



写真3は、新生姜と野菜を酢漬けにしたもので、酢の物でお出ししたものです。

 

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
梅を使った吸い物 3品 6月27日
JUGEMテーマ:グルメ
 

梅を使った吸い物 3品 6月27日

 

花子とアンが面白い。朝に1時間ほどジョギングをしてからシャワーを浴びた後に、朝食を食べながら観ています。

仲間由紀恵が色っぽいね。大正三美人の一人と言われ、白蓮事件の白蓮を演じるのに、適役だと思います。恋に生きた白蓮は、これから青年と駆け落ちをするのですが、ここでは多くを語らないほうがいいでしょう。

本では西日本出版社からの『柳原白蓮』井上洋子著がお薦めです。

私はこれから林真理子の『白蓮れんれん』を読んでみようと思っています。

 

写真1は、鱧のすり身を種にした先吸いです。



 

写真2は、シソと生姜が爽やかな冷たい箸洗いです

 



写真3は、焼いた鯛の白子と肝が種、焼いた椎茸と白ネギがツマ、梅と穂紫蘇が吸い口になって、潮でまとめた留め椀です。

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
変り御飯3品 6月25日
JUGEMテーマ:グルメ
 

変りご飯3品 6月25日

 

都議会の問題は自民党に自浄能力が無いことを、再確認することになった。自浄能力の無い政治に未来を託すことはできない。残念だ。彼等は「正義」ということを考えたことも無いのだろう。

『大学』では篭襦覆韻弔)の道を教えている。身をもって模範となることです。・・・『大学』は篭襪瞭擦鬚發辰董⊇た箸茲蠕堂函治国・平天下に至るゆえんの根本としている。・・・(大学 宇野哲人 全訳注 講談社学術文庫 106pより)読んでみてはいかがだろうか。

 

写真1は、イカ御飯です。


 

写真2は、ホタテと椎茸の御飯です。



 

写真3は、かに御飯です。

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こぶと海老の料理3品 6月24日
JUGEMテーマ:グルメ
 

こぶと海老の料理3品 6月24日

 

地方議員のみならず、議員の大半は能力に問題がある。都議の問題はその一端に過ぎない。何故に無能な議員が多く選ばれるのか?有権者にも反省が必要なところでしょう。

私はボランティア団体の代表として多くの議員と議論をしたことがありますが、議論にもならない議員がほとんどでした。まともな議員はほんの一握りです。

本で例えれば、前書きと目次しかない議員がほとんどで、本文がないのです。本を開かない有権者にはそのことが分からないのだろう。

都議の問題をセクハラ問題で終わらせようとする、マスコミと政治の癒着も見えてきている。本質は結局のところ、問われないままに終わるのだろう。

 

写真1は、新生姜を酢漬けした酢で野菜を漬け、その酢と塩でこぶと海老を味付けしたものです。




 

写真2は、甘夏とマヨネーズを和えて、甘夏ネーズとして、塩コショウしたこぶと海老に合わせたものです。

 




写真3は、こぶと海老を湯がいた湯を、昆布と鰹を加えた出汁にして、醤油で味を調えてご飯を炊いたものです。大根の浅漬けがピリッとして良くあいます、

 

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お造り3品 6月23日
JUGEMテーマ:グルメ
 

お造り3品 6月23日

 

昨夜にNHKの黒田官兵衛の放送を偶然に目にして、残虐な殺戮を美化し、殺人鬼達を英雄視する人が、この時代にも多くいることを残念に思った。歴史的事実は事実としても、このような鬼畜達の地獄絵図を得々と英雄伝に祭り上げるNHKの歴史観はいかがなものだろう。

こういうドラマを喜んで観る人が多いからこそ、今の憲法解釈があるのだな・・・人の命の未だ軽いことに気持ちが暗くなりました。金や権力の亡者達の政治に終止符を打ち、平和こそが人類の未来だと、考える人が増えることを望みます。

 

写真1は、鰆のたたきを生姜や茗荷の酢漬と一緒にあがっていただこうというものです。

 

写真2は、イカの耳の刺身をたっぷりの新生姜を下ろしたもので提供しています。




 

写真3は、旬のトリガイをソーメン出汁で楽しんでいただきました。

posted by: 応援しよう東北!(雑華堂) 小嶋隆義 | 料理日記 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |